完成後の写真

  • 画像
  • 画像

施工データ

  • 施工前のお悩み

    強風によりアスファルトシングル屋根材がめくれて飛んでしまっていた。
    築15年が経ち外壁のクラックが目立つようになり気になっていた。

  • お悩みに対しての提案 

    屋根に関しては、強風によって被害が出ていたので風災保険を申請した。
    保証された保険金により屋根の工事代金は自己負担なく施工できました。
    屋根材はアスファルトシングルにするかガルバリウムのカバー工法のどちらにするか悩んだが、
    デザイン性や強度の事を考えてガルバリウムのカバー工法にした。
    外壁に関してはある程度ご自身でクラックが入っている事は認識していたが、無料点検を実施したところ
    思っていたより倍以上の量のクラックが判明した。

    塗料に関してはリーズナブル・遮熱・高耐久の3パターンでご提案をし、
    遮熱塗料が採用された。

  • 使用材料

    屋根材 デクラ屋根システム CORONA(アイビー)
    外壁下塗り アイカ工業 セーフフィラー
    外壁中・上塗り アイカ工業 ジョリパットフレッシュクール JQ-810 
    付帯部分 雨樋・水切り 日本ペイント ファインシリコンフレッシュ

  • 参考価格・施工日数

    ・屋根 132万円(税込み)
    ・外壁 68万円(税込み)
    ・18日間

施工前の写真

  • 画像

    屋根状況写真
    強風により屋根材がめくれて数枚は屋根に乗っかっているだけの危険な状態でした。

  • 画像

    屋根状況写真
    屋根材を密着させてあるボンドも剥がれ、手で簡単にめくれてしまう状況です。

  • 画像

    屋根材表面に吹き付けてある石粒が剥がれ落ち、雨樋の中に溜まっていたので手作業で全て除去しました。

  • 画像

    クラックは放置しておくと、どんどんひどくなっていきます。外壁点検での早期発見・早期補修が大切です。

  • 画像

    サッシ廻りは比較的クラックが入りやすい箇所です。こちらも早期発見・早期補修が大切です。

施工中の写真

  • 画像

    外壁 クラックカット 
    クラックの厚みを均等にし、補修材を行き渡らせる為クラックをカットしていきます。
    まわりの外壁に傷をつけない様、力加減に気を付けながら丁寧に作業を行います。

  • 画像

    カット後 クラックへシーリング材を注入し、専用のヘラでクラックの奥深くまで行き渡らせます。
    塗装後に補修跡が出ない様に刷毛で外壁の模様に丁寧になじませていきます。

  • 画像

    雨樋 鼻隠し 高圧洗浄
    外壁以外の部分も高圧洗浄でしっかりと汚れを落としていきます。

  • 画像

    ベランダテラス 洗浄
    いつも洗濯物を干す際にベランダの屋根の汚れが気になっていたが手が届かない箇所なので
    今まで一度も掃除ができていませんでした。
    見積箇所以外の洗浄も全て無料サービスで行っております。

  • 画像

    雨樋 ケレン
    ペーパー等を使って表面に傷をつける目荒らしを行います。
    地味な作業ですが、とても大事な作業です。
    塗料の密着が高まり、この作業をやるやらないで年数が経過したときに差が出てきます。

  • 画像

    鼻隠し 木部 ケレン作業
    雨樋同様に、目荒らしを行います。
    新品のまな板で例えると買ったばかりはすぐ汚れが落ちるけど
    包丁で傷だらけになったまな板はなかなか汚れが落ちにくくなるのと同様の事です。

  • 画像

    雨樋・鼻隠し塗装完了
    ケレン後・2回塗りを行いますが
    1回目の塗装では密着力を上げる為になるべく薄く塗り、
    2回目の塗装でローラーや刷毛の継ぎ目が出ない様に面を通して仕上げていきます。

  • 画像

    下塗りの様子
    下塗り塗料は外壁と上塗り塗料の密着性を高める塗料で、
    上塗り塗料の吸い込みムラや、色ムラに大きく影響します。
    どんな材料や外壁でも塗り残しやムラがなく均一に塗り広げるように心がけています。

  • 画像

    軒天の外壁の境目のライン出し
    下地の凸凹に対応させる為、真っすぐ引っ張った時にテープをピンと張らずにある程度余裕を持たせることに注意しています。
    そうする事により下地にテープが順応しキレイなラインが出ます

  • 画像

    屋根仕上がり
    この屋根材はガルバリウムの上に天然のストーンチップを吹き付け加工してあります。
    カラーは5パターンありましたが家の雰囲気に一番合うアイビーを選ばれました。
    緑褐色が美しい上品な印象です。