ブログ

外壁塗装はどの季節が良い?おすすめの季節を分かりやすくご紹介!

みなさんこんにちは!

岡山・倉敷を中心に外壁塗装、屋根塗装を行っている「キレイエの坂本」です^^



猛暑も少し落ち着き、季節は秋ですね😄🍁!


ようやく涼しくなって過ごしやすい日々が続いていますね〜😆


そして秋と言えば外壁塗装を行うのに最高のシーズン❗️


岡山の街を歩いていても外壁塗装を始めているお家をたくさん見かけるようになりました👀✨



このブログをご覧の方も「外壁塗装をするのに良い季節はいつかな〜」と外壁塗装を行う「季節」を考えていることではないでしょうか❓




しかし!

外壁塗装ってどんなタイミングですべきかわかりにくいものですよね❓


そんな「外壁塗装はどの季節にすべき?」といったお悩みを持っている方に!


季節から外壁塗装をいつ頃する?


といった季節をテーマにした内容と、そもそもご自身のお家の外壁塗装は本当に必要なのかを簡単にセルフチェックできる方法をご紹介しますので是非最後までお読みいただき「後悔」のない外壁塗装を行なっていただければ幸いです^^






目次


家の状態から知る、外壁塗装をいつ頃する?


季節から知る、外壁塗装をいつ頃する?


まとめ



家の状態から知る、外壁塗装をいつ頃する?


外壁塗装をいつ頃するかの基準は、家の状態を把握することがとても大切です💡


なぜなら、家の劣化状態によっては

「まだ外壁塗装は必要ない!」という場合や

「今すぐにでも外壁塗装をしたほうがいい」場合もあるため、

まずは自分の家の外壁塗装の状態をしっかりと抑えておきましょう。


10分で出来る簡単セルフチェックを3つ紹介します❗️

是非試してみてくださいね



家の状態を知るセルフチェック
その1:チョーキング現象の確認

白い粉が手につく

<チョーキング現象って?>


チョーキング現象とは外壁を指でなぞった際に、白いチョークのような粉がつく現象のことを言います!

これは塗装内の合成樹脂成分が紫外線劣化などで痛み分解されたことによる症状で、チョーキング現象があるお家は「外壁塗装」の機能が失われているひとつのサイン!👀


↑の画像のように白っぽい粉がつく場合は早急に外壁塗装の実施をオススメします!💡



<セルフチェック時の注意点>

外壁には砂や埃など様々な汚れがついています!

そのため、指に付着した粉が汚れである可能性もあります💡🙌


一度水で洗い流し、乾燥させた後同じように白い粉がつく場合はチョーキング現象の可能性大!
もし汚れがつかない場合はただの埃汚れと考えても良いでしょう💡✨




家の状態を知るセルフチェック
その2:目地のひび割れを確認



<目地のひび割れって?>


外壁と目地って関係ないんじゃ?と思われがちですが、目地のひび割れは「外壁塗装をすぐにでもすべき!」という、とっても危険なサインです❗️

目地がひび割れた状態を放置をしてしまうと、隙間から浸水し壁材に湿気が溜まりやすくなったりと生活環境に悪影響を及ぼします。


そして最終的には外壁塗装だけでは済まなくなる・・・


壁材の補修など費用が嵩むケースが珍しくありません。

目視で簡単にチェックできるので、このような症状があればすぐにでも外壁塗装業者へご連絡くださいっ😰💦




家の状態を知るセルフチェック
その3:外壁の苔やカビを確認

外壁に苔が生えている状態

<外壁に苔やカビが生えている壁>


カビなどがもし発生していたら、症状はとっても進んでいる証拠です。

外壁塗装の塗料には防カビ剤が含まれていることが多いのですが、その機能が完全になくなっていることを示しています😰💦

こうした症状があると目地のヒビ割れ同様に壁材にまでカビが侵食し、多額の費用が発生することも・・・!


これ以上症状が進行する前に早急な対応が必要ですっ😰




セルフチェックのまとめ


↑で説明した確認方法は5〜10分で簡単に確認できます💡


また、セルフチェックでの確認時には一面の外壁だけではなく、反対側の外壁も確認することでより正確に家の状態を知ることができます💡✨


「自分の家はまだまだ大丈夫」と思っていたけど実は症状が進んでいたというケースは珍しくありません。

手遅れになる前に確認してみましょうね〜👀



季節から知る、外壁塗装をいつ頃する?


さて、次にご紹介するのは季節と外壁塗装をいつ頃する?の関係についてです🤗

冒頭でもご説明しましたが、「秋」というのは外壁塗装にとって最適なシーズン💡

9月〜10月にかけて多くの方が外壁塗装をおこないます。


では、それ以外の季節はできないのかと言うとそうでもありません。


ですが、それぞれの季節によって注意すべきポイントがあります。

ここからは季節から知る、外壁塗装をいつ頃する?をテーマにご紹介しますね😆



<季節から見る外壁塗装のベストシーズン>




春に外壁塗装をおこなう場合


春は天気の変動も少なく、湿気も低いため外壁塗装にとってはベストシーズンのひとつです。


注意すべきポイント>


人気のシーズンなので、外壁塗装業者へ早めに予約をしておきましょう🤗

春がきてからの予約だと、すでに予約が埋まってしまっている場合があるため注意が必要です💡


予約の目安は春を迎える3ヶ月前※業者によって予約可能時期は変わります




夏(梅雨)に外壁塗装をおこなう場合


梅雨は非常に外壁塗装が難しいとされるシーズンです。
というのも湿気が多く工期が伸びる可能性が高いうえ、外壁塗装業者の技術力が求められるからです💡


<注意すべきポイント>

基本的に技術・実績のない外壁塗装業者に依頼することはオススメできません😰💦

工期が長引くばかりか、最終的な仕上がりも悪くなる可能性があるからです。





夏(7月〜8月)に外壁塗装をおこなう場合


夏は気温が高く「工期が早い」といったメリットがあります。

春・秋に次いで外壁塗装の人気シーズンですね🤗


<注意点>

また「匂い」の問題から近隣住民の方へも窓を閉め切ってもらう配慮が必要です。

外壁塗装の着工前におこなう近隣挨拶でしっかりと内容を説明するように心がけることが大切です✨😆




秋に外壁塗装をおこなう場合


秋は外壁塗装にとってのベストシーズンです。

気温は夏ほど高くなくても湿度が下がる季節なので、工期も短くなる傾向にあります💡


<注意点>

春同様に外壁塗装をおこなうのに最適なシーズンなので予約が埋まりがち

梅雨〜夏ごろから外壁塗装業者と話をしておくことをオススメします💡😆




冬に外壁塗装をおこなう場合


冬は気温が落ちるため、塗料が乾きにくく工期が伸びやすいシーズンです。

また地域によっては積雪の影響も加味して通常よりも1.5倍以上の工期が必要な場合もあります。

急ぎの方は冬ではなく秋シーズンの施工のほうが好ましいと言えます😆


<注意点>

工期を早めようとしすぎると手抜き工事となってしまうこともあるので、梅雨同様にきちんと実績のある業者を選びましょう💡🙌




まとめ


さて、ここまで家の状態、そして季節から「外壁塗装をいつ頃すべき?」をご紹介してまいりました。


家の状態をよく理解したうえで最適なシーズンを選び、外壁塗装をすることが失敗しないためのポイントです💡

ですが、なかには「今すぐにでも外壁塗装をしなくてはいけない状態」のお家も珍しくはありません。


その場合に季節が梅雨だから秋まで待って・・・となると手遅れになる場合があります。


セルフチェックで、外壁に劣化が見られる場合にはまず優良な外壁塗装業者へすぐに連絡してください🙌




優良塗装業者であれば、家の状態や依頼主の事情に合わせてベストな提案をしてくれます( ´ ▽ ` )


もし岡山県にお住まいの方で、身近に実績のある優良外壁塗装業者がいないとお悩みの方がいらっしゃれば。


是非キレイエにご連絡ください。


岡山外壁塗装キレイエスタッフ1



キレイエでは長年培ってきた豊富な経験から、シーズン問わずお客様にベストな外壁塗装プランを提案しております。

相談・お見積もりはもちろん無料です^^

お気軽にご相談くださいね〜✨😆


外壁・屋根塗装専門 キレイエ

坂本

ホームページはこちら↓


電話番号.0120-468-774

ブログ一覧に戻る